風俗求人で失敗しないために!お店選びから

風俗
俗店で働く女性の目的の一番は、やはり「どれだけ稼げるか」だと思います。ただ、この問題は実際に自分のルックスやテクニック、喋る技術、聞く技術など様々な要素があった上で、お客さんがついてくれて人気風俗嬢となって、最終的に報酬として入ってきます。そのためには、働くお店がどれだけ自分に適しているかが持っても重要となってきます。もしも、このお店探しに失敗してしまうと、どれだけ可愛くてテクニックがあっても稼ぐことはできませんし、逆に働くだけ働いてもその労働力に見合ったお金は稼げなくなってしまいます。そのためにも、お店選びのポイントをしっておきましょう。

<風俗店の種類で選ぶ>


風俗店の種類は色々ありますが、自分がどこまでできるのかが重要となります。
メジャーなところで言うとソープがあります。恐らくもっとも報酬的には高いでしょう。ほとんどのソープは店舗を構えており、数万から数十万の費用で男性が遊びに来ます。内容としてもマットプレイやお風呂に入ったりします。本番が黙認をされているお店もあるので、事前に確認が必要です。
下着姿の女性
その他には、ヘルス系があります。ヘルス系は本番行為は禁止で、フェラやスマタなどをします。ヘルスにも種類があって、店舗を構える箱ヘルや店舗で受付をして近くのホテルに移動するホテヘル、お客さんの指定するホテルや家などに派遣されるデリヘルなどがあります。本番は禁止されていますが、その他にもどこまでのプレイができるかによって、値段が変わってくるので、ヘルスでのバイトをする場合にはどのオプションでいくらの報酬になるかも重要となってきます。
ソープやヘルスよりも安価ではあるものの比較的簡単なサービスをするのがピンサロや風俗エステです。ピンサロの場合は、フェラや手コキでサービスをする店舗型のお店で、個室やシャワーなどもありません。その分、安く利用者も多く来ます。風俗エステは、通常のエステにプラスして手コキがメインとなります。マッサージに手コキといった感じです。ピンサロと風俗エステは裸になる必要もなく、簡単にバイトとしては始められるようなハードルが低いサービスです。

<風俗嬢の多さで選ぶ>

もう一つ風俗バイトを探すポイントは在籍している風俗嬢がどのくらいいるかと言うことです。風俗嬢が多いと言うことはそれだけ風俗店の規模も大きく、お客さんも多く来るということです。お客さんが多くいると言うことは、自分が働き出したときに自分を指名してくれるほど気に入ってくれる人がいる確率も多いと言うことです。また、風俗嬢が多いお店はそれだけ流行のお店で、新人さんの時には売り出してくれるので、最初から大きな収入を得ることも可能になると言うことなのです。
当然、風俗嬢の数が多ければそれだけナンバーに入るためには競争も激しくなりますが、それだけ高収入が得られるチャンスもあるという事なのです。

<目標を決める>

風俗バイトをする場合には、風俗求人情報で自分でどれらいの報酬を得たいかを決めてからお店を選ぶと良いでしょう。お店の種類によって、その報酬が変わってくるので、どれくらいの時間働くのか、1週間で何日出勤するのかなどを考慮した上で、自分の生活に合わせてお店を決めていきましょう。